夫婦になるなら準備は色々!ダイヤモンドの評価基準や価値

ハート

どのように選んだら良いか

意中の相手にプロポーズする際の必需品と言えば、婚約指輪です。婚約指輪を選ぶ際には、相手の指のサイズや金属アレルギーがないかどうかといった点を事前に確認しておきましょう。また、デザインにも好き嫌いがあるので、相手の好みを把握しておきましょう。

リング

二人だけの特別

結婚指輪は二人にとって特別なものですから、誰かと同じものではなく二人だけのものが欲しいというカップルに人気なのが、手作りで結婚指輪を作ることです。不器用な人でも問題なく作れるようにサポートしてくれますので、安心です。

花嫁

動いても立っても美しい

東京では、高品質なウェディングドレスを、比較的リーズナブルな価格でオーダーメイドすることができます。オーダーメイド品であれば、体型に合わせて作られるため、より美しく着こなすことができます。また、ドレスのデザインやベールも選べるので、自分だけのウェディングドレスを手に入れましょう。

一生ものの指輪

指輪

薬指で輝き続ける宝石

婚約指輪や結婚指輪として人気が高い宝石と言えば、ダイヤモンドです。キラキラと輝くダイヤモンドは、女性なら一度は身に着けたいと願うでしょう。輝き続ける宝石を指輪に施せば、きっと夫婦の愛も永遠のものとなるはずです。様々なブランドから指輪が出ていますが、有名なブランドではないからと言ってダイヤモンドの質も良くないというわけではありません。よく、「4C」と言われる評価基準がありますが、まずはここから基本を知りましょう。世界には様々な宝石がありますが、鑑定書が付いているのはダイヤモンドだけなのです。カットやカラット、それからカラーやクラリティの要素があり、それぞれを鑑定する事によってダイヤモンドの価値が決められていきます。まず、少しカットが違うだけでその評価は大きく左右されます。職人が一つ一つ丁寧に研磨を行っていきますが、人によって多少の差が生まれるものです。

価値の高さを知ろう

カラットは重ければ重いほどカラーは無色透明であればあるほど価値が高くなっていきます。この辺りは人ではなくダイヤモンドが持つ本来のチカラとなるでしょう。一般的に売られている結婚指輪や婚約指輪についているダイヤモンドには、少し黄色や茶色が混ざっています。23段階にも評価が分けられ、最も良いとされるDランクは混じりっ気のない無色透明だと言えるでしょう。より輝きのある婚約指輪や結婚指輪を選びたいのであれば、カットとカラーを重視して選ぶと良いです。最後に、クラリティについてですが、これは鑑定士によってキズがないか確かめられます。キズがなければ透明度も増すでしょう。