夫婦になるなら準備は色々!ダイヤモンドの評価基準や価値

どのように選んだら良いか

ハート

相手の気に入るもの

結婚したいと感じている相手にその思いを告白するプロポーズでは、同時に指輪を渡すというのが一般的です。その時に贈る指輪は婚約指輪になり、それが意味することは、「一生を共にすることを約束する」といったものになります。なので婚約指輪の形やデザインもそのような意味が込められているものを選んでプロポーズすると、その気持ちは伝わりやすくなります。ではどのようなデザイン、どのような素材で出来ているものを選んだら良いかというと、まずは贈る相手の指のサイズに合っているものを選ぶようにしましょう。一世一代のプロポーズの場面で渡した指輪が、相手の指にはまらない、もしくは緩いといったことになると、悔いが残ります。なので、相手の指のサイズはプロポーズ前にしっかりと確認しておきましょう。また、相手が金属アレルギーを持っていないかどうかといった点も確認しておけば、なお良いです。そして使われている素材ですが、婚約指輪には一般的にプラチナで出来ています。なぜプラチナで出来ているかというと、プラチナは丈夫で変形・変色しにくく、そこから「永遠」がイメージされるからです。なので、プラチナ製のものを選ぶようにしましょう。指輪のデザインですが、これは相手の好みも関わってきます。せっかく選んだ指輪のデザインが相手の好みとかけ離れていたりすると、気に入ってもらえない可能性が出てきます。なので、自分ひとりで指輪選びをする際には、出来るだけ相手の好みを把握しておきましょう。